記事一覧

ウブロとベルルッティの5 年間にわたるコラボレーションから生まれたグレイッシュな新作「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ アルミニオ」

2016 年に始まった、ウブロとベルルッティとの間で結ばれたパートナーシップは、新しい解釈を加えた「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ アルミニオ」を限定発売する。ウブロ時計 ビッグバンこのパートナーシップによって、ファッションと時計製造、レザーとチタニウム、デザインと素材の融合が生まれた。



ベゼルとダイアルに使用されたヴェネチアレザー
 象徴的なバーニッシュド ヴェネチアレザーはポリッシュ仕上げのチタン製ベゼルとダイアルに使用されており、ダイアルのレザーの表面には、インデックスと「Swiss Made」の文字が、直接型押しされている。2 枚のサファイアクリスタルに挟まれたレザーのダイアルからは、高度な技術の結晶である自社製ムーブメント「ウニコ」の構造が見えるのが特徴だ。ベルルッティとの共同制作を通じ、ウブロは、レザーの美しさを保ち、自然な色合いをそのまま閉じ込める技術を開発した。また、二つの世界の完璧な融合を象徴するストラップは、バーニッシュド “アルミニオ” ヴェネチアレザー製で、50 本の日本限定モデルにはスクリットモチーフがあしらわれている。

ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ アルミニオ



ウブロ「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ アルミニオ」
“アルミニオ”は、ベルルッティのシグネチャーであるパティーヌのひとつで、ヴェネチアレザーの様々な色調に光を美しく投影する。このモデルの制作にあたり、ウブロは新たに2つのパーツで構成されたベゼルのデザインを採用した。接着硬化樹脂を用い、ベゼルの最初のパーツ(レザー製、厚さ約1 mm)を、2番目のパーツ(グレーのチタン製)にインサートし、ケースにスクリュー留めしている。これによりストラップ同様、ベゼルにも、時を超えたパティーヌのトーンが生まれる。
自動巻き(cal.MHUB1280)。43石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。Ti(直径44mm、厚さ15.45mm)。100m防水。世界限定100本。日本限定50本(日本限定はスクリット装飾入り)。※両モデルとも293万7000円(税込み)。※日本国内はウブロブティック、およびウブロe-ブティックで販売。



この希少で現代的な「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ アルミニオ」は、ベルルッティのロゴがあしらわれた トラベルポーチとシューホーンキーリングも付属し、特別なケースに収められる。日本限定モデルは、2021年9月29日(水)から約2週間「ウブロブティック」にて、また、2021年9月29日(水)から10月5日(火)まで伊勢丹新宿店にオープンする期間限定ポップアップブティック「HUBLOT × BERLUTI “ The Art of Fusion ” - 革新性とヘリテージの融合 -」にて、先行販売される。
 ウブロ マニュファクチュールは、バーニッシュド アルミニオ ヴェネチアレザーと時計のメカニカルな機構を調和させるため、多彩な自社製素材から最適なものだけを厳選した。44 mmのケースとバックルにはチタニウム、中央のホーンには樹脂、回転錘にはタングステン、針にはサテン仕上げのロジウムを用いた。40 年以上もの間、 画期的なデザインを開発してきたウブロは、多種多様な時計製造の素材開発・製造を手掛けてきた。 だからこそ、ベルルッティのバーニッシュド レザーが持つニュアンスに相応しい「ビッグ・バン」を制作することができたのだ。

【おすすめの関連記事】:http://disliked.top

30代におすすめの腕時計とは?


フォーマルやビジネスシーンで着用しても自然なのがアナログ式の腕時計。30代の腕時計選びでは、汎用性が高いアナログ式を基本にするのがおすすめです。

アウトドアやスポーツ用腕時計は、デジタル式のモノも数多くラインナップしています。しかし、カジュアルな印象が強いので、ビジネスシーンで使用する方はアナログ式をチェックしておきましょう。



メンズ腕時計のフォルムは、丸いラウンド型が一般的です。そのほかには、四角いスクエア型、樽型をしたトノー型もおすすめ。腕時計としては伝統的な形状で、ラウンド型よりドレッシーな印象を与えます。

ケースの幅は40〜50mm前後が主流。あまり大きすぎると無骨になりすぎてしまい、スーツなどのきれいめファッションに合わせにくくなります。文字盤は落ち着いたカラーリングのモノをチェックしましょう。

また、インデックスは棒状のバーインデックスのほか、ローマ数字タイプが上品な印象を与えます。アラビア数字は字体や太さによっては、カジュアルになりすぎることもあるので注意しておきましょう。



デザインの好みだけでなく、着用するシーンも考慮して選ぶことが大切です。例えばビジネスシーンで着ける場合は、スーツにマッチするフォーマルな印象の腕時計がおすすめ。また、海外企業と連絡を取り合うことが多い方には、日本と海外の時刻を同時に表示できるデュアルタイム表示機能つきの腕時計も便利です。

プライベート用の腕時計は、普段のファッションに合うモノがベター。着回しを重視する場合にはコーデの邪魔をしないシンプルなモノ、少しイメージを変えたい場合には華やかなデザインのモノを選んで、ファッションにアクセントを加えましょう。

【関連記事】:http://eponym.top/

世界限定1本のお値段は億越え!? 見るだけでも価値ありなスペシャルウォッチ

GRAND SEIKO
グランドセイコー/日本橋三越本店限定モデル
唯我独尊のハイブリッドシステムを世界に発信



限定30本。ブライトチタンケース、41mm径、スプリングドライブ。68万円/グランドセイコー 0120-302-617
独立ブランドとなり、世界でのプレゼンスをいっそう高めるべく精力的に新モデルを投入するグランドセイコー。とりわけ誇るべき機構のひとつに挙がるのは、独自開発のスプリングドライブだろう。

ゼンマイ動力を電気に変換、水晶振動子を経由して輪列を調速するシステムで日差±1秒以内の高精度。機械式とクオーツ両方のメリットを持つグランドセイコーの真骨頂といえるもの。スーパーコピーブランド専門店この機構を搭載する日本橋三越本店限定品は、波模様のダイヤルにパワーリザーブ表示をアクセントにしている。

CITIZEN
シチズン/エクシード プレシャス 日本橋三越本店限定 ES9404-54E
わずかな光で作動する日本の誇りの結晶



限定10本。SS×K18YGケース、25.8mm径、光発電エコ・ドライブ電波。33万円/シチズン 0120-78-4807
シチズンが誇るエコ・ドライブとは、定期的な電池交換を不要とし、便利なことこのうえない光発電システムだ。その小型化技術により搭載可能となったケース径の小さなレディスウォッチにおいても存分に実力を発揮する。

こちらは、スチールとイエローゴールドのコンビネーションが華やかな印象に映る日本橋三越本店限定のエクシード プレシャス。ブラックダイヤルに施された桜吹雪や全11粒からなるダイヤインデックスが魅力で、何とも可憐な佇まい。和の趣向を取り入れている点に、世界に発信する日本ブランドの矜持が見て取れる。

BACKES & STRAUSS
バックス&ストラウス/エンプレス ローズ
ダイヤモンドの名門らしい、贅を尽くした一本



世界限定1本。K18WGケース、縦36×横32mm、クオーツ。1億3000万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京︎ 03-3549-1949
ロンドン発となるダイヤモンドの名門が、フランク ミュラーを頂点とするウォッチランド グループと手を組んで製作するラグジュアリーウォッチ。

本作では、英国発のアイデンティティを大切にするブランドらしく、18世紀末に栄華を極めたヴィクトリア女王へのオマージュを捧げている。

ダイヤルには、彼女の異名“ローズ・オブ・イングランド”から着想を得たバラをモチーフに、ベゼルやブレスには、約30ctのダイヤモンドを贅沢にセッティングする。世界に1本というのも頷ける。

CREDOR
クレドール/リネアルクス 三越限定モデル
国産時計の雄が、その威信をかけたドレスウォッチ



三越限定5本。K18YGケース、23.6mm径、クオーツ。270万円/クレドール 0120-302-617
名門セイコーにおいて、約40年の長きにわたって君臨するドレスライン、クレドールのレディスウォッチ。柔らかな水の動きをイメージしてデザインされたユニークなラグは、本作のハイライト。

そのアイポイントには贅沢にもダイヤモンドがセッティングされ、リュウズの先端で輝くブルーサファイアとともに、ゴージャスな雰囲気を増幅させる。カルティエ 時計磨かれたコマのブレスレットもクオリティが高く、ジュエリーウォッチとしての風格を極限まで高めている。

日本橋、名古屋、仙台、札幌という限られた三越でわずか5本が展開される限定モデルで、日本橋三越本店ではうち2本が販売される。

【関連記事】:最も手頃なレプリカブランドの専門店

3900m防水も! 海に効く超スペックを搭載するハイセンスな腕時計

ROLEX
ロレックス/オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシー
申し分ないダイバーズ性能と麗しき見た目



SSケース、44mm径、自動巻き。120万円/日本ロレックス 03-3216-5671
3900m防水性能にして飽和潜水が可能なハイエンドダイバーズに今年、待望の新作が登場。

耐衝撃性に優れ、パワーリザーブ約70時間を誇る高性能キャリバー3235を搭載し、幅広になった新ブレスレットに伴い、クラスプもリサイズされている。

そして、映画監督でもあるジェームズ・キャメロン氏のマリアナ海溝の海洋最深部到達を記念し、2014年に発表した“D-ブルーダイヤル”をセット。ロレックス レディースディープブルーから漆黒への美しいグラデーションが、夏の海と太陽に映えるはずだ。

ULYSSE NARDIN
ユリス・ナルダン/ダイバー ディープ ダイブ
伝統あるブランドの技術力とポップなセンスが融合した1本



世界限定300本。チタンケース、46mm径、自動巻き。139万円/ソーウインド ジャパン 03-5211-1791
高精度のマリンクロノメーターで名を馳せたユリス・ナルダンが得意とするダイバーズで、1000m防水性能を実現。

特筆すべきはデザインセンスだ。ガード付きのリュウズや9時位置のヘリウムリリースバルブによるアシンメトリースタイルと、グローブでも操作可能な大きな刻みのアウターベゼル、そしてダイヤルに配置された15匹のシュモクザメが融合してポップなスタイルに。

GALANTE
ガランテ/SBLA109
オールブラックの個性は屈強の証し



SSケース、縦45.3×横43mm、スプリングドライブ。140万円/セイコーウオッチ 0120-061-012
「個としての魅力を確立した大人のための腕時計」をコンセプトに、ケースを取り囲む4本の柱が強烈な個性を放つガランテ。その最新作は、200m防水性能に逆回転防止ベゼルを備えた本格ダイバーズだ。

その個性をブーストするのが、表面にDLC加工を施したオールブラック仕様。これにより、屈強なイメージを湛える佇まいと小傷の付かない耐傷性を両得しているのだ。

【関連記事】:新生代トレンドのファションパイオニア

最新のデザインコンセプトを取り入れたオメガショップが続々とオープン

新たなショップを次々と展開するオメガは、2021年7月、最新のデザインコンセプトを取り入れた国内3店舗をオープンさせた。場所は羽田空港第3ターミナル、ジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン、そして札幌のISHIDA N43°だ。


モダンな空間が広がる3店舗
 2021年7月、新たに国内3店舗のオメガショップがオープンした。海外への出発地である「オメガブティック羽田空港第3ターミナルビル」、国内最大級の時計専門フロアに位置する「オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ」、そして札幌の時計専門店「ISHIDA 43°」でも取り扱いを始めた。

 いずれの店舗でも、オメガの最新のコンセプトに基づいたインテリアデザインを取り入れているのが特徴だ。ラグジュアリーで洗練されたオメガの世界観を表現している。

 目を引くのは、オメガのコーポレートカラーを採用したレッドカーペット。その上にナチュラルなゼブラウッドの什器を組み合わせることで、モダンな空間を作り出している。また、頭上で明るく輝くゴールドカラーのペンダントランプが、店内空間にアクセントを加えている。

 最新のモデルから定番コレクション、また限定モデルまでを幅広く取りそろえ、広くゆったりとした店内空間の中で、ショッピングを楽しめる。取り扱い商品は店舗によって異なるため、事前に確認しておくとよいだろう。

オメガブティック羽田空港第3ターミナルビル

海外への出発拠点、羽田空港の国際線ターミナル内に位置するブティック。時計だけではなく、ブレスレットやリング、ブレスレットなどのアクセサリーも取りそろえる。
【オープン日】2021年7月23日(金)
【所 在 地】〒144-0041 東京都大田区羽田空港 2-6-5 第3旅客ターミナルビル3階
【総面積約】40 ㎡
【電話番号】03-6428-0785
【取扱商品】ウォッチ、アクセサリー、ブレスレット、カフリンクス、メンズリングなど
【営業時間】午前7時~午後3時(※)年中無休
※通常営業の場合は午前6時30分~午前0時30 分まで

オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ



国内随一の規模を誇る時計フロア、名古屋のタカシマヤウォッチメゾン内に位置するブティック。天井が高く広々とした空間が特徴で、名古屋駅からほど近いアクセスの良さも魅力。
【オープン日】 2021年7月27日(火)
【所在地】 〒450-6490 愛知県名古屋市中村区名駅 3-28-12
ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン 1階
【総面積】約100㎡
【電話番号】052-566-1101 (代表)
【取扱商品】ウォッチ、アイウェア
【営業時間】午前10時~午後9時
【定休日】1月1日

ISHIDA 43°



北海道・札幌に店舗を構える時計専門店「ISHIDA 43°」が、新たにオメガの取り扱いをスタートさせた。最新のウォッチコレクションが、道内随一の規模で展開される。
【オープン日】2021年7月30日(金)
【所在地】 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西 5丁目 1-1
ISHIDA N43° 2階
【電話番号】011-200-4300
【取扱商品】ウォッチ
【営業時間】午前11時~午後19時
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しております。


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

フェミニンな魅力の日本先行発売モデル、シャリオール『マリーオルガ』

栄光時計はシャリオールの『マリーオルガ』(日本先行発売モデル)を全国のシャリオール正規取扱店にて発売スタートした。『ブランド パロディ』は、シャリオールの優雅で上品なスタイルやディテールへのこだわりが凝縮されたジュエリーウォッチとして2019年に新登場した。


シャリオール「マリーオルガ」
クォーツ。SSケース(32mm×24mm)。ピンクMOP文字盤に10個のダイヤモンドインデックス。180,000円(税別)
ポロ競技からインスパイアを受けた馬蹄型の装飾が特徴
 シャリオールは、技術、勇気、女性同士のチームワークを競う女性のみのポロ競技会、「シャリオール・レディース・ポロカップ」を発足しており、新作の『マリーオルガ』のデザインはこのポロ競技からインスパイアを受け、ストラップとケースを繋ぐ部分に「マニーユフック」という馬蹄型をしたユニークな装飾ディテールが、洗練された印象を醸し出している。



シャリオール「マリーオルガ」
クォーツ。SSケース(32mm×24mm)。ピンクMOP文字盤に10個のダイヤモンドインデックス。ベゼルに89個、マニーユフックに59個のダイヤモンド。580,000円(税別)
ケルト人の装飾品“トルク”をモチーフとしたケーブル状のブレスレット
 ブランドのシンボルである、古代ヨーロッパで栄えたケルト人の装飾品“トルク”をモチーフとしたケーブル状のブレスレットを採用。ブルガリ 時計 レディースインデックスにセッティングされたダイヤモンドが美しく輝き、12時と6時位置にはアラビア数字がエレガントにデザインされている。手首にフィットする緩やかな曲線のケースが、よりフェミニンな雰囲気を演出している新作だ。

【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

シチズンとギンザタナカがコラボしたプラチナ950ケースの機械式時計

それぞれ100年を超える歴史を持つシチズンとギンザタナカが創業者を同じくすることから実現したこのコラボレーション。シチズンの前身、尚工舎時計研究所が1924年に『CITIZEN』の名で世に出した第一号の時計「16型懐中時計」をモチーフにデザイン。ギンザタナカ製のケース素材は、変色・変質に強く安定した金属であるプラチナ950を採用している。ロレックス サブマリーナ一般的なプラチナ950がプラチナ95%にパラジウム等の配合であるのに対し、このケースにはプラチナ95%に金5%を特別に配合したものを使用し、ステンレス並みの強度を実現した。



シチズンの自動巻きの機械式ムーブメントを搭載し、シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16 型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マーク、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属する。


高品質の証、☆S(ホシエス)マーク
 シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16 型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マーク、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属する。

1924年に生まれた第一号時計のデザインを約一世紀を経て復刻


CITIZEN × GINZA TANAKA プラチナモデル
自動巻き。27石。28,800振動/時。PTケース(直径37mm / 厚さ11.6mm)。3,600,000円(税別)。限定16本。


シチズンと田中貴金属の関りについて詳細はコチラから。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

漆黒のオニキス文字盤、ジャケ・ドロー 2020新作「グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ ブラックオニキス」

に発表された「グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ」に初めてオニキス文字盤が追加された。漆黒のオニキスが文字盤にかつてない奥深さを与え、針やサークルのわずかな光を受けて幻想的な表情を映し込む。ワンプッシュクロノグラフで、7 時位置にレトログラード式日付表示と、そのなかにクロノグラフの30 分積算計が配されている点がジャケ・ドローらしい様式美だ。



グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ ブラックオニキス
 1時位置に配した、サークルサテン仕上げの繊細なホワイトゴールドメタルリングによるオフセンターの時表示は、針にミラー仕上げ、クロノグラフおよび日付表示針にポリッシュ仕上げを採用しています。そして中央の秒表示はオープンワークのカウンターバランス、日付表示針が通常のカウンターバランスを備えて、それぞれが広大な宇宙を表現した漆黒の背景に浮かぶ満月と新月をイメージさせている。


自動巻き(cal.Jaquet Droz 26M5R)。34 石。21,600 振動/時。約40 時間パワーリザーブ。SSケース(直径43 mm / 厚さ14.83 mm)。30 m防水。229万円(税別)。


コラムホイール式のシングルプッシュクロノでは良心価格
 搭載されたキャリバー「Jaquet Droz 26M5R」は、ケースバック越しに鑑賞できるブリッジにコート・ド・ジュネーブ装飾が施された、オープンワークのレッドゴールドローターが存在感を示している。また、温度変化や磁場に影響を受けることなく、高い精度を保証するシリコン製の脱進機を始めとした最先端技術が応用されている。

ハートの形が変化するブレゲのバレンタインデーモデル「クイーン・オブ・ネイプルズ 9825 “ハート・エディション”」

ブレゲは、バレンタインデーモデルとして、ハート型の分針を用いた「クイーン・オブ・ネイプルズ9825 “ハート・エディション”」を発表した。ハート型の針は細長いオーバルのダイヤルの中で回転しながら、カーブが魔法のようにしなやかに伸び縮みし、その優美な姿がローズゴールドやダイヤモンド、そしてレッドのアクセントによって一段と輝きを放つ。シリアルナンバーが刻印され28本しか生産されないこの特別な“ハート・エディション”は、付属のケースに入れて世界のブレゲ ブティック限定モデルとして展開される。


ブレゲ初の腕時計として作られたモデル「No.2639」は、1810年に考案されたまさにその時から創意がふんだんに盛り込まれた宝庫だった。ブレゲは、この革新的なNo.2639とそれをオーダーしたナポリ王妃カロリーヌ・ミュラから着想を得て、現代のアイコニックなコレクション「クイーン・オブ・ネイプルズ」をクリエイションした。そして今、メゾン・ブレゲは、女性に向けた新たな時計のために、数件の特許で保護されるあらたな複雑機構を開発した。このマジカルな革新的機構では、6時方向にオフセットされた分針がオーバル・ダイヤルにおける位置に応じて、針が描き出すハートの形が変化する。この新たなモデルは、針がダイヤルの上半分を移動するときはハートのカーブが長く伸び、下の位置ではより丸みを帯びた形に変化するのだ。まさにハートが鼓動しているかのように。



ブレゲ「クイーン・オブ・ネイプルズ 9825 “ハート・エディション”」
手巻き(Cal.78A0)。33石。2万5200振動/時。パワーリザーブ約40時間。18KRG(36.5 × 28.45mm、厚さ10.96mm)。ケースサイドに繊細なフルート装飾。ベゼルとフランジにダイヤモンド 128個(約0.77 カラット)。リュウズにカボションカット・ルビー(約0.25 カラット)。サファイア・ケースバック(透明裏蓋)。三つ折りバックルに28個(約0.17カラット)のダイヤモンド。3気圧防水。世界限定28本。499万円(税別)。



ブレゲは、この新しいクイーン・オブ・ネイプルズのフェイスに対して、あえて控えめな気品を選んだ。ハートを象った分針は、透明感を演出した繊細なホワイトラッカー仕上げのダイヤル上を移動していく。針の先端には赤いハートのモチーフがごく小さくデザインされ、これが5分おきに微小なハートのインデックスで区切られたアワーチャプターに沿って分を表示する。読み取りやすさというブレゲが大切にする機能のために、15分ごとの4つの数字は、大きさと輪郭をそれぞれ変え、レッドのラッカーで縁取りが施されている。また、ダイヤル中央の窓で示される時刻の数字にはパープルのラッカーが用いられた。ダイヤルのフランジとベゼルには128個のダイヤモンドがセットされ、同じくゴールド製のフォールディングバックルもケースの輝きに呼応するようにダイヤモンドで装飾され、その総量は約0.94カラットに及ぶ。


メゾン・ブレゲ最新の発明は、2本の独立したアームから成る分針だ。この分針は、巧妙な歯車によって交錯することができ、12時位置では長く伸び、6時位置ではより丸いハートを形づくる。この機構にはクイーン・オブ・ネイプルズの特徴的なフォルムを成すカーブをなぞったオーバル型のカムが備わり、 本のアームは異なる速度で移動する。クイーン・オブ・ネイプルズのために特別に開発されたこの革新的な機構は、4件の特許で保護されている。複雑機構の歯車は、ムーブメントの他の部品と同じく、外から見える見えないにかかわらず、ブレゲの伝統に則りすべて手作業の仕上げが施される。ローズゴールドのケースは、サファイアクリスタルのケースバックになっており、キャリバー78A0の動きを見ることができる。

【関連記事】:最も適切の腕時計

「オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ」が7月27日にリニューアルオープン

 大名古屋ビルヂングに完成予定のジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン1階に「オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ」がリニューアルオープンするスーパーコピー時計。2021年7月27日(火曜日)に開業予定だ。

 リニューアルオープンが決まったオメガブティックが位置する「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン」は、大名古屋ビルヂングの商業ゾーン「大名古屋ビル Shops & Restaurants」内にオープンする時計専門のフロアだ。

 7月27日(火曜日)午前10時にオープン予定で、東海地区で最大の売り場面積と品揃えである。約30の新規取扱いブランドが展開され、新作発表のイベントなどを行うポップアップエリアも新設される。

 今回オープンが決まった「オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ」は、その豪華なフロアに軒を連ねる。新しいブティックの外観には大きな1枚ガラスが用いられ、フロア全体との統一感を演出。オメガ OMEGA (アンティーク)エントランス正面に見える豪華なシャンデリアが、空間を華やかに照らす。

約2倍の広さにリニューアル


 インテリアには最新のデザインコンセプトを採用し、白い大理石の床面や鮮やかな赤いカーペット、ゴールドカラーのモダンなシャンデリアが、オメガの世界観を表現。オメガ スーパーコピー百貨店内の10階にあった売り場から約2倍の面積となり、これまでより明るく、開放感の溢れる店内となっている。

 広々とした空間には、オメガの最新モデルはもちろん、定番のウォッチコレクションに加えてアイウェアコレクションも展開される予定だ。


フランクミュラーロングアイランド レリーフ偽物

ロングアイランド レリーフはクラシカルな印象を持つモデルです。

ロングアイランド レリーフの最大の特徴は、レリーフと呼ばれるインデックス。

数字部分は後から貼り付けたのではなく、文字盤の裏側から打ち出して立体的に仕上げてあります。

さらに鏡面加工を施し、レトロな雰囲気がぐっと前面に出るデザインとなっています。

フランクミュラー レディース文字盤には高級腕時計に欠かせないギョーシェ装飾が施されているため、光の加減でさまざまな表情を見せてくれるところも、ロングアイランド レリーフの特徴です。

一見派手にみえるようでいて、古式ゆかしいビザン数字やレイルウェイ分目盛り、レトロな時分針がアンティークな味わいを楽しませてくれます。

2021年5月時点での現行モデルは、以下がリリースされています。

レディース900サイズ(直径23mm×32.5mm) ロングアイランド レリーフ

ロングアイランド レリーフの最も基本的なデザインです。

現在はステンレススティールのケースにステンレススティールのブレスレットを合わせたものがラインナップされています。

クラシカルなカラーのビザン数字と針、磨き抜かれた9連メタルブレスというシンプルなデザインが、かえって大人の女性ならではのゆかしいつやめきを引き立たせます。

ロングアイランド レディース レリーフ(3色)

ロングアイランド レディース レリーフは、レディースサイズの他のレリーフとは一線を画す、ビビッドなカラー使いが特徴的なモデルです。

文字盤とレザーストラップのカラーがセットになっており、3色展開しています。

珊瑚礁の海のようなブルー、極上のルビーにも似たレッド、マジェスティックなチャコールグレーで、いずれもインデックスはシルバーのレリーフ仕立てです。

ギョーシェ装飾と深いカラーの組み合わせ、鏡面仕立てのレリーフインデックスが独特の透明感を生み出す、メロウなデザインとなっています。

ロングアイランド レリーフ ハート ダイヤモンド

2021年の新作としてローンチされたモデルです。

ロングアイランド レリーフの基本的なデザインでありながら、インデックスの1がダイヤモンドを埋め込んだハートになっています。

ケースもピンクゴールドを使用したり、リューズなどにピンクゴールドを使用したコンビになっており、インデックスもピンクゴールドに染まる、フェミニンなデザインです。

ホワイトクロコダイルのストラップ、ステンレススティールのジュエリー風ブレスレットと合わせています。

ロングアイランド レリーフ ダイヤモンド

ロングアイランド レリーフのダイヤモンドモデルです。

文字盤のレイルウェイ分目盛りの部分にダイヤモンドが埋め込まれており、さりげないラグジュアリー感をプラスしてくれるデザインとなっています。

現行モデルでは文字盤のみのジェムセッティングですが、過去にはケースにびっしりとダイヤモンドを埋め込んだダイヤモンドケースモデルも存在しています。

レディース800サイズ(直径18mm×25mm)ロングアイランド プティ レリーフ

ロングアイランドにはプティサイズとよばれる、18mm×25mmのちょっと小さなシリーズがあります。

ロングアイランド レリーフにもプティサイズが揃っており、ステンレススティール、ピンクゴールド、コンビモデルと種類も豊富です。

ベルトもメタルブレスレットからホワイト・ピンク・イエローなどカラフルなレザーストラップがラインナップされています。

選択肢も豊富で人気の高いサイズです。

ロングアイランド プティ レリーフ ダイヤモンド

プティ レリーフにダイヤモンドをプラスしたモデルです。

ロングアイランド レリーフのダイヤモンドモデルは文字盤の中にジェムセッティングされていましたが、プティではケースの外にダイヤモンドが埋め込まれています。

ベゼルをぐるりと二重に取り囲むパヴェダイヤモンド、ラグにまで埋め込まれたダイヤモンドがリュクスなモデルです。

プティサイズなので、たっぷりとしたダイヤモンドモデルでも重くなりません。

本物を知る名店が提案する“旬色ストラップ”

ヴィンテージのロレックスやライカを専門に扱う石川県加賀市の「エンツォ ショップ」が不定期でリリースするオリジナルのNATOストラップは、毎回完売するほどの人気ぶり。

店主の中井一成さんは、英国防衛省に納品しているフェニックス社の「G10ストラップ」の品質に惚れ込み、長年販売し続けている。

本物の魅力を知り尽くした中井さんが考える、遊びを効かせたNATOストラップの提案は毎回好評だ。とりわけネオンカラーのシリーズは、迷う暇がないほど一瞬で売れてしまうスマッシュヒット作。

久々のリリースとなる待望の新作は、これまで展開していたデザインに絶妙なアレンジを加えている。


見た目も付け心地も軽やかにキマる
新作の第一の見どころは“ストラップの構造”にある。

通常のNATOストラップは1本のナイロンをバネ棒とケースの間に通して使用することになるが、今回は2つにストラップを分けて2ピースにすることでNATOストラップのディテールを採用しつつも、バネ棒外しで着脱するシステムを採用。

これによって装着感も快適さが一段と増している。

关键词

生地を裏側に通さない仕様ゆえ、従来のデザインとループの配置が異なる。
実用性にもこだわり、ケースからバネ棒までの間隔が狭い時計でもスムーズに取り付けられるように、生地の厚みを調整するなど事細かな工夫が行き届いている。

装着するとご覧のようにすっきりした印象にまとまる。
パーツ類にも中井さんのセンスが光る。マット仕上げにこだわったブラックPVDコーディングを施した尾錠やループは、ネオンカラーに彩られたナイロンストラップと意外なほどマッチする。



ありそうでなかったネオンカラー×ブラックという色合わせ。
ミリタリーの再解釈から生まれた魔法のストラップは、腕元に挿すことでコーディネイト全体を軽やかに仕上げてくれる。

即戦力は間違いなし。この夏の相棒としてぜひ迎えたい。

稀少性① 伝統技術が生んだ、この世にふたつとない時計

「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)
時計のダイヤルとチタンベゼルに広がる見事なまでのグラデーション。日本を代表する伝統工芸のひとつ、蒔絵が施されているのだ。

実はこれ、京都の著名な蒔絵師である下出祐太郎氏の手仕事によるもの。彼自ら山形のオシアナスの工場まで出向いて丁寧に仕上げた、繊細な蒔絵が時計を彩っている。


下出氏は京都で100年以上続く蒔絵工房「下出蒔絵司所」三代目。伝統技法を受け継ぎ、蒔絵の制作や文化財の修理修復を行う。
漆で紋様を描く“塗り”という工程のあと、プラチナ粉を蒔きつける“粉入れ”し、美しい蒔絵を完成させていく。「悠久のささやき」と名付けられた紋様は、光を受けた水の煌めきを7万粒のプラチナ粉で表現。

手作業で仕上げているので、その紋様は一つひとつ微妙に異なる。まったく同じ時計はこの世に存在しないという点でも、稀少といえるだろう。

オシアナスは、これまでも「江戸切子」や「阿波藍」を着想源にしたモデルを発表し、日本の伝統工芸との結びつきを強めてきた。

今回の蒔絵モデルは、3シリーズ目。美しいルックスはもちろんのこと、唯一無二のアート的価値にも時計好きの所有欲がくすぐられるに違いない。


関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ 

オリンピックアーチェリー選手が好きな腕時計おすすめ

文字盤はアナログのモデルがおすすめ

フォーマルやビジネスシーンで着用しても自然なのがアナログ式の腕時計。30代の腕時計選びでは、汎用性が高いアナログ式を基本にするのがおすすめです。

アウトドアやスポーツ用腕時計は、デジタル式のモノも数多くラインナップしています。スーパーコピー時計しかし、カジュアルな印象が強いので、ビジネスシーンで使用する方はアナログ式をチェックしておきましょう。
メンズ腕時計のフォルムは、丸いラウンド型が一般的です。そのほかには、四角いスクエア型、樽型をしたトノー型もおすすめ。腕時計としては伝統的な形状で、ラウンド型よりドレッシーな印象を与えます。

ケースの幅は40〜50mm前後が主流。あまり大きすぎると無骨になりすぎてしまい、スーツなどのきれいめファッションに合わせにくくなります。文字盤は落ち着いたカラーリングのモノをチェックしましょう。

また、インデックスは棒状のバーインデックスのほか、ローマ数字タイプが上品な印象を与えます。アラビア数字は字体や太さによっては、カジュアルになりすぎることもあるので注意しておきましょう。
奇抜過ぎないシンプルなデザインを選ぶ


着用するシーンで選ぶ

デザインの好みだけでなく、着用するシーンも考慮して選ぶことが大切です。例えばビジネスシーンで着ける場合は、スーツにマッチするフォーマルな印象の腕時計がおすすめ。ロレックス サブマリーナまた、海外企業と連絡を取り合うことが多い方には、日本と海外の時刻を同時に表示できるデュアルタイム表示機能つきの腕時計も便利です。

プライベート用の腕時計は、普段のファッションに合うモノがベター。着回しを重視する場合にはコーデの邪魔をしないシンプルなモノ、少しイメージを変えたい場合には華やかなデザインのモノを選んで、ファッションにアクセントを加えましょう。

オリンピックの馬術選手が好きな腕時計おすすめ

時計にはあまり興味のない方であっても、クロノグラフ機構のついた時計をかっこいいと感じる男性は多いのではないでしょうか。

メカメカしい文字盤に、ケースから突き出たプッシュボタンは、単に時計というよりは、道具として男らしさを感じますよね。

そこで、今回はクロノグラフがかっこいいということで、今買えるおすすめのクロノグラフについて紹介したいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。


それこそ、時計に全く興味のない人でもロレックスの名前くらいは聞いたことがあるだろうし、ロレックスのデイトナと言えば、男性であればご存知の方も多いと思います。

誰もが一度は憧れる時計、ロレックス サブマリーナロレックス デイトナ、正式名称はコスモグラフ デイトナでございます。

余談ではありますが、以前、とあるお店で、ホスト風のお兄さんが店員さんにデイトナの説明を受けていて、着けずに置いておくと1日で止まってしまうと聞いて驚いているのを見て、こんな奴でもデイトナを買うんだとこちらの方が驚いたことがあります。

それほどまでに、デイトナの人気は浸透しているのでございます・・・。

プロスペックスのおすすめモデル






「プロスペックス」とは、セイコーが扱っている腕時計ブランドのひとつ。セイコーが手掛けている腕時計にはビジネスユースに適したモデルが多くありますが、プロスペックスはアウトドアシーンでの着用におすすめです。

セイコーは、1965年に初の国産ダイバーズウォッチ「マリーンマスター」を発表。ほかにも、キャンプシーンやハイキングシーンなど、アウトドアで活躍するウォッチを多数発表し、さまざまなシリーズを展開しています。

ダイビングにおすすめの「マリーンマスター プロフェッショナル」や、登山での着用に適した「アルピニスト」など、活躍するフィールドに応じてシリーズ化されているのが特徴。着用シーンに応じてモデルが選び分けられます。
プロスペックスは風防やケースに傷がつきにくい素材を用いているモデルが多く、高い堅牢性が備わっているのが魅力です。また、防水機能や耐磁機能、秒針停止機能など、さまざまな便利機能が搭載されています。

さらに、個性をアピールできるモデルや、ビジネスシーンでの着用にもおすすめの落ち着いたモノなど、パターンが豊富にあるのもポイント。耐久性・機能性・デザイン性の3つを兼ね備えています。

オリンピックのビーチバレーボール選手のコーチが好きな腕時計です。

チタンの軽さがクセになる。『セイコー アストロン』のソーラー電波モデル

「ナビタイマー」といえば、クロノグラフに航空用回転計算尺を備えたフェイスが象徴的。ベゼルを回転させるだけで乗除算、速度・距離・所要時間・燃費の計算を簡単に行える仕組みで、登場した1952年当時、それはそれは画期的でした。なぜなら、まだ当時はすべてがアナログな時代。航法に必要な計算は、パイロット自らが複数の道具を用いて行っていたのです。それらを腕の上で行えるようにした「ナビタイマー」は、まさに“プロフェッショナルのための計器”。ロレックススーパーコピーブランドの哲学を最も端的に表すモデルというわけなんです。

そんな「ナビタイマー」ですが、誕生当時から現代まで基本的なスタイルを変えていないというのも魅力の1つ。3つ目のクロノグラフをベースに、回転計算尺の細かな目盛りと数字を配した文字盤は、視認性を追求してたどりついたもの。この独特のフェイスが、実に「ナビタイマー」らしい完成された機能美を発揮しているのです。また、ケースもプロフェッショナルの過酷なミッションに耐えられるよう、冷間鍛造で成形された高品質なものを採用します。そんな男くさい計器然としたスペックにもかかわらず、特に7連ブレス搭載モデルなどはラグジュアリーさもひとしお。そのギャップもファンが多い理由です。

男らしくも機能美に溢れた「ナビタイマー」は、ファッションへの対応力もしっかりと備えています。何せ基本的なデザインを変えないまま約70年も売れ続けているロングセラー。移りゆくトレンドにも左右されない、確かなスタイルが唯一無二の世界観を作り出すのです。マッシブなケースと密度の高いソリッドな文字盤が醸す男らしい存在感、そして、古さを感じさせないクラシカルさと、細部にまで気を配った仕上げの美しさからくる上品さがその秘密。

父の日オリンピックのアーチェリー選手が父の腕時計を贈る

輝かしい栄光を手にしながら、ウブロはパワーリザーブの限界値を超える挑戦からは一歩引いてはいるが、ロングパワーリザーブを搭載するニッチな市場で存在感を示している。このカテゴリにおける現在のフラッグシップモデルは、直列に並んだ7つのバレルが生み出す約14日間巻のMP-11シリーズである。直径45mm×厚み14.4mmとかなり大型ではあるものの、かつてのラ・フェラーリよりはずっと装着性に優れるモデルだ。MP-11はCal.HUB9011のプラットフォームとしてデビューして以降、様々な素材をケースに採用してきたが、2020年1月にドバイで開催されたLVMHウォッチウィークでお披露目されたのが、ウブロが特許を取得したレッドセラミックである。


 さて、話を先に進める前にはっきりさせておきたいのは、ロングパワーリザーブの時計だからといって、過激さを讃えるために消防車のような赤を選択する必要は全くない。ヴァシュロンであれば、(少なくとも過去存在した)大手銀行の役員が座る荘厳な椅子に相応しいような、ロングパワーリザーブの時計を製造している。本機のケースサイズはロングパワーリザーブの搭載を考えれば概ね妥当ではあるが、MP-11の外観から受ける印象は、技術的な制約によるものでは一切なく、ウブロが意図したものなのだ(拡大解釈をすれば、ウブロが、顧客が求めると考えるデザインだ)。


 私がここまでしつこく主張するのは、ヴァシュロンとウブロを時計の技術的観点で比較することはできても、実際にこの2本のどちらかを選ぶのに頭を抱えて悩むことは、古今東西見渡してもあり得ないと思うからだ。ウブロの顧客というのは、ウブロの時計のリピーターやファンであるというだけでなく、注目を集めるデザインを、マイナスでも二の次でもなく、むしろ利点でありレゾンデートル(存在意義)ですらあるとみなす人々なのだ。


 技術的な記録を保持してはいるものの、ラ・フェラーリが審美面から現代の時計デザインにおいて高い評価を受けているとは私は思わない。圧倒的なパワーリザーブの長さは、疑いようもなく強烈な印象を与える一方で、デザイン面では技術的な複雑さに比べるとやや熱意が感じられず、有機的なケースの造形は、クールで未来的に見せようとし過ぎて、かえって陳腐な印象を私に与えた。

 それゆえにビッグ・バン MP-11 14デイ パワーリザーブ レッドセラミックを2020年1月にジョン・ブースのIntroducingの記事で初めて見たとき、私は驚かされた。誰かがこの新作について私に説明してくれなかったら、説得力に欠けると感じただろう。しかし、実際には他のMP-11シリーズやラ・フェラーリがもたなかった、一本筋の通った出来映えであった−たとえ表現方法が独特であるとしても。まるで硬いセラミックのように、私は自分の確信の揺るぎなさを通じて、ついにこのモデルを高く評価することを受け入れざるを得なかった。

 このMP-11の成功は、レッドセラミック素材の驚くほどの深みと豊かさにあると私は見ている。もしこれが別の素材であったなら、これほどの成功は得られなかっただろうし(レッドセラミックモデルは実際に私が手にすることができた唯一のモデルだった)、実際セラミックケースであることから想像できるとおり、軽さと装着性の秀逸さにこの素材は貢献している(あくまで比較論であるが、このモデルは驚くなかれ45mm×14.4mmなのである)。この素材は、焼成エナメルの文字盤と同じような繊細な肌理(きめ)と質感を備えており、光を捉え、その光が変化すると色調も変化するのだ。それも、心地良さを感じるほどに−この時計は、実際に注目してみると多くの新たな発見があることに好感をもった。


 前述したとおり、MP-11 14デイ パワーリザーブ レッドセラミックの外観はウブロがそう望んだ結果だ。ウブロ(HUBLOT)の腕時計製品一覧れは、もちろん、このモデルは成功といえるレベルに達したが、全てのデザインが目標に達することに成功したわけではないのも、また事実なのである。この種の時計を世に送り出すことは、例えばプレシャスメタル(貴金属)で時刻表示のみのドレスウォッチやダイバーズウォッチ(いずれもデザイン様式が確立されている)を製作するよりもずっとリスクが高いことである。MP-11に代表されるような時計づくりでは、そのような野望が成就することは稀なのだが、本作はケース素材による深みと色調の豊かさとのコンビネーションが、時計の技術面とのコンビネーションによって魅力を放ち続ける時計に仕上がったと考えている−そして何より楽しい時計である、それが全てを語るといっていい−本機は、身に着けられることがなくなっても、その魅力は語り継がれるだろう。そういう時計である。

オリンピックアーチェリー選手が好きな腕時計

アメリカの海軍特殊部隊や警察特殊部隊などからも開発要請を受けているルミノックスは、元々軍用時計としてどんな条件下でも機能する時計を作ってきました。昼夜問わず発光し続ける独自のテクノロジーで、他には類を見ない視認性が特徴です。

ルミノックスの時計はハリウッド映画で使用されたり、様々な他のブランドとコラボをしたりと、実用性のみならずデザイン性にも優れています。ジラール・ペルゴ 時計またファッションアイテムとしては嬉しい軽量さや頑丈さが備わり、長く愛用できるブランド時計として人気があります。

比較的黒ベースのカラーが多いなか、白一色で周囲の人々を惹きつける色も注目されています。防水加工や夜間の発行機能もポイントで、バイクや登山など悪天候時や夜間にもアクティブに行動する男性におすすめです。

無駄のないエレガントなデザインと高い機能性を備えたスカーゲンの時計は、1989年にデンマークで誕生しました。そのおしゃれなシンプルさは、普段使いのみならずビジネスシーンでも、できる男性を演出してくれます。

薄くて丸い文字盤が特徴で、大変軽いため着けていることを忘れてしまうほどの快適さがあります。ブルガリ 時計 買取日付・曜日カレンダー機能など基本的なものはしっかりそろっており、バンドは穴留め式でサイズ調整などの手間が省けるところも魅力です。

また新機能にはBluetoothでスマホと接続し、電話やメールなどをバイブレーションでお知らせしてくれるものもあります。さらに歩数計やマルチタイムゾーン表示など、日々の生活でかかせないアイテムとしてクリスマスプレゼントに多く選ばれています。

美しいブラックダイヤル時計に秘められた振り子機構とは?【超弩級 複雑腕時計図鑑】

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)
ハマティック・ヴィンテージ
5度動けば巻き上がる19世紀スタイルの振り子時計
p116-117_main
SPEC INFORMATION
振り子式巻き上げ機構搭載の“Black-or”モデル。19世紀のオリジナルロゴを文字盤に採用。限定25本。ケースサイズ:41㎜ ケースの厚さ:11.35㎜ ケース素材:18KWG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.106.0 防水性能:3気圧 振動数:毎時2万1600振動 パワーリザーブ:72時間 ムーブメントのパーツ数:312個 石数:38石 ムーブメントの直径:36.4㎜ ムーブメントの厚さ:5.15㎜
価格:570万円
問:モリッツ・グロスマン ブティック
TEL:03-5615-8185

わずかな腕の動きで巻き上げ安全性も図られた振り子機構
1854年に自身の工房をグラスヒュッテに開設し、ドイツ時計産業の先駆者のひとりとして歴史に名を残すモリッツ・グロスマン。アドルフ・ランゲとも交流があり、1878年にはドイツ時計学校を設立したことでも知られる。2008年、偉大な職人の時計作りを現代に蘇らせるべく、同名のブランドをグラスヒュッテに再興。今回紹介する「ハマティック・ヴィンテージ」は、まさにグロスマン時計の伝統を味わうのにぴったりといえる。

今年発表の新作は、ジャーマンシルバー製のプレートを限りなく黒に近いダークグレーに塗装して、“Black-or”と呼ばれる特殊な鏡面仕上げを施した文字盤を採用。ひと味違う黒の光沢を放つこの文字盤に、1875年にグロスマンが製作した懐中時計に用いたM.GROSSMANNロゴと、わずか幅0.1㎜の手仕上げした針を備え偉大な先人へオマージュを捧げた。

だが本作の最大の個性は、時計を裏返した裏蓋側にある。シースルーバック越しに見えるのは、通常の自動巻きに備わるローターとは違い、巨大な楕円型のハンマーフレーム。このハンマーが着用者の腕の動きに合わせて左右に振れることでゼンマイを巻き上げる振り子式の自動巻き上げ機構なのだ。

19世紀のハンマー式巻き上げ機構に想を得たそのメリットは、ムーブメントの直径を最大限に活かし、支点からハンマー先端までの長い距離が高いトルクを生み出すこと。iwc時計中古それはすなわち高度な巻き上げ効率を意味し、ハンマーヘッドがわずか5度(2㎜)動くだけで巻き上げが可能となる。一方、腕の動作が大きいときは、フレーム内に設置されたストップバネがハンマーへの衝撃を吸収することで機構内の安全が確保される。

わずかな動きも巻き上げの動力に変える古典的にして斬新な振り子モデル。伝統的な洋銀プレートやテンプ受けには職人の手による仕上げや装飾も。グラスヒュッテの叡智をつめ込んだ1本だ。

【関連記事】:高級腕時計の選択基準

ページ移動