記事一覧

最新のデザインコンセプトを取り入れたオメガショップが続々とオープン

新たなショップを次々と展開するオメガは、2021年7月、最新のデザインコンセプトを取り入れた国内3店舗をオープンさせた。場所は羽田空港第3ターミナル、ジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン、そして札幌のISHIDA N43°だ。


モダンな空間が広がる3店舗
 2021年7月、新たに国内3店舗のオメガショップがオープンした。海外への出発地である「オメガブティック羽田空港第3ターミナルビル」、国内最大級の時計専門フロアに位置する「オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ」、そして札幌の時計専門店「ISHIDA 43°」でも取り扱いを始めた。

 いずれの店舗でも、オメガの最新のコンセプトに基づいたインテリアデザインを取り入れているのが特徴だ。ラグジュアリーで洗練されたオメガの世界観を表現している。

 目を引くのは、オメガのコーポレートカラーを採用したレッドカーペット。その上にナチュラルなゼブラウッドの什器を組み合わせることで、モダンな空間を作り出している。また、頭上で明るく輝くゴールドカラーのペンダントランプが、店内空間にアクセントを加えている。

 最新のモデルから定番コレクション、また限定モデルまでを幅広く取りそろえ、広くゆったりとした店内空間の中で、ショッピングを楽しめる。取り扱い商品は店舗によって異なるため、事前に確認しておくとよいだろう。

オメガブティック羽田空港第3ターミナルビル

海外への出発拠点、羽田空港の国際線ターミナル内に位置するブティック。時計だけではなく、ブレスレットやリング、ブレスレットなどのアクセサリーも取りそろえる。
【オープン日】2021年7月23日(金)
【所 在 地】〒144-0041 東京都大田区羽田空港 2-6-5 第3旅客ターミナルビル3階
【総面積約】40 ㎡
【電話番号】03-6428-0785
【取扱商品】ウォッチ、アクセサリー、ブレスレット、カフリンクス、メンズリングなど
【営業時間】午前7時~午後3時(※)年中無休
※通常営業の場合は午前6時30分~午前0時30 分まで

オメガブティック ジェイアール名古屋タカシマヤ



国内随一の規模を誇る時計フロア、名古屋のタカシマヤウォッチメゾン内に位置するブティック。天井が高く広々とした空間が特徴で、名古屋駅からほど近いアクセスの良さも魅力。
【オープン日】 2021年7月27日(火)
【所在地】 〒450-6490 愛知県名古屋市中村区名駅 3-28-12
ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン 1階
【総面積】約100㎡
【電話番号】052-566-1101 (代表)
【取扱商品】ウォッチ、アイウェア
【営業時間】午前10時~午後9時
【定休日】1月1日

ISHIDA 43°



北海道・札幌に店舗を構える時計専門店「ISHIDA 43°」が、新たにオメガの取り扱いをスタートさせた。最新のウォッチコレクションが、道内随一の規模で展開される。
【オープン日】2021年7月30日(金)
【所在地】 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西 5丁目 1-1
ISHIDA N43° 2階
【電話番号】011-200-4300
【取扱商品】ウォッチ
【営業時間】午前11時~午後19時
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間を変更しております。


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

フェミニンな魅力の日本先行発売モデル、シャリオール『マリーオルガ』

栄光時計はシャリオールの『マリーオルガ』(日本先行発売モデル)を全国のシャリオール正規取扱店にて発売スタートした。『ブランド パロディ』は、シャリオールの優雅で上品なスタイルやディテールへのこだわりが凝縮されたジュエリーウォッチとして2019年に新登場した。


シャリオール「マリーオルガ」
クォーツ。SSケース(32mm×24mm)。ピンクMOP文字盤に10個のダイヤモンドインデックス。180,000円(税別)
ポロ競技からインスパイアを受けた馬蹄型の装飾が特徴
 シャリオールは、技術、勇気、女性同士のチームワークを競う女性のみのポロ競技会、「シャリオール・レディース・ポロカップ」を発足しており、新作の『マリーオルガ』のデザインはこのポロ競技からインスパイアを受け、ストラップとケースを繋ぐ部分に「マニーユフック」という馬蹄型をしたユニークな装飾ディテールが、洗練された印象を醸し出している。



シャリオール「マリーオルガ」
クォーツ。SSケース(32mm×24mm)。ピンクMOP文字盤に10個のダイヤモンドインデックス。ベゼルに89個、マニーユフックに59個のダイヤモンド。580,000円(税別)
ケルト人の装飾品“トルク”をモチーフとしたケーブル状のブレスレット
 ブランドのシンボルである、古代ヨーロッパで栄えたケルト人の装飾品“トルク”をモチーフとしたケーブル状のブレスレットを採用。ブルガリ 時計 レディースインデックスにセッティングされたダイヤモンドが美しく輝き、12時と6時位置にはアラビア数字がエレガントにデザインされている。手首にフィットする緩やかな曲線のケースが、よりフェミニンな雰囲気を演出している新作だ。

【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

シチズンとギンザタナカがコラボしたプラチナ950ケースの機械式時計

それぞれ100年を超える歴史を持つシチズンとギンザタナカが創業者を同じくすることから実現したこのコラボレーション。シチズンの前身、尚工舎時計研究所が1924年に『CITIZEN』の名で世に出した第一号の時計「16型懐中時計」をモチーフにデザイン。ギンザタナカ製のケース素材は、変色・変質に強く安定した金属であるプラチナ950を採用している。ロレックス サブマリーナ一般的なプラチナ950がプラチナ95%にパラジウム等の配合であるのに対し、このケースにはプラチナ95%に金5%を特別に配合したものを使用し、ステンレス並みの強度を実現した。



シチズンの自動巻きの機械式ムーブメントを搭載し、シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16 型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マーク、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属する。


高品質の証、☆S(ホシエス)マーク
 シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16 型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マーク、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属する。

1924年に生まれた第一号時計のデザインを約一世紀を経て復刻


CITIZEN × GINZA TANAKA プラチナモデル
自動巻き。27石。28,800振動/時。PTケース(直径37mm / 厚さ11.6mm)。3,600,000円(税別)。限定16本。


シチズンと田中貴金属の関りについて詳細はコチラから。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

漆黒のオニキス文字盤、ジャケ・ドロー 2020新作「グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ ブラックオニキス」

に発表された「グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ」に初めてオニキス文字盤が追加された。漆黒のオニキスが文字盤にかつてない奥深さを与え、針やサークルのわずかな光を受けて幻想的な表情を映し込む。ワンプッシュクロノグラフで、7 時位置にレトログラード式日付表示と、そのなかにクロノグラフの30 分積算計が配されている点がジャケ・ドローらしい様式美だ。



グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ ブラックオニキス
 1時位置に配した、サークルサテン仕上げの繊細なホワイトゴールドメタルリングによるオフセンターの時表示は、針にミラー仕上げ、クロノグラフおよび日付表示針にポリッシュ仕上げを採用しています。そして中央の秒表示はオープンワークのカウンターバランス、日付表示針が通常のカウンターバランスを備えて、それぞれが広大な宇宙を表現した漆黒の背景に浮かぶ満月と新月をイメージさせている。


自動巻き(cal.Jaquet Droz 26M5R)。34 石。21,600 振動/時。約40 時間パワーリザーブ。SSケース(直径43 mm / 厚さ14.83 mm)。30 m防水。229万円(税別)。


コラムホイール式のシングルプッシュクロノでは良心価格
 搭載されたキャリバー「Jaquet Droz 26M5R」は、ケースバック越しに鑑賞できるブリッジにコート・ド・ジュネーブ装飾が施された、オープンワークのレッドゴールドローターが存在感を示している。また、温度変化や磁場に影響を受けることなく、高い精度を保証するシリコン製の脱進機を始めとした最先端技術が応用されている。

ハートの形が変化するブレゲのバレンタインデーモデル「クイーン・オブ・ネイプルズ 9825 “ハート・エディション”」

ブレゲは、バレンタインデーモデルとして、ハート型の分針を用いた「クイーン・オブ・ネイプルズ9825 “ハート・エディション”」を発表した。ハート型の針は細長いオーバルのダイヤルの中で回転しながら、カーブが魔法のようにしなやかに伸び縮みし、その優美な姿がローズゴールドやダイヤモンド、そしてレッドのアクセントによって一段と輝きを放つ。シリアルナンバーが刻印され28本しか生産されないこの特別な“ハート・エディション”は、付属のケースに入れて世界のブレゲ ブティック限定モデルとして展開される。


ブレゲ初の腕時計として作られたモデル「No.2639」は、1810年に考案されたまさにその時から創意がふんだんに盛り込まれた宝庫だった。ブレゲは、この革新的なNo.2639とそれをオーダーしたナポリ王妃カロリーヌ・ミュラから着想を得て、現代のアイコニックなコレクション「クイーン・オブ・ネイプルズ」をクリエイションした。そして今、メゾン・ブレゲは、女性に向けた新たな時計のために、数件の特許で保護されるあらたな複雑機構を開発した。このマジカルな革新的機構では、6時方向にオフセットされた分針がオーバル・ダイヤルにおける位置に応じて、針が描き出すハートの形が変化する。この新たなモデルは、針がダイヤルの上半分を移動するときはハートのカーブが長く伸び、下の位置ではより丸みを帯びた形に変化するのだ。まさにハートが鼓動しているかのように。



ブレゲ「クイーン・オブ・ネイプルズ 9825 “ハート・エディション”」
手巻き(Cal.78A0)。33石。2万5200振動/時。パワーリザーブ約40時間。18KRG(36.5 × 28.45mm、厚さ10.96mm)。ケースサイドに繊細なフルート装飾。ベゼルとフランジにダイヤモンド 128個(約0.77 カラット)。リュウズにカボションカット・ルビー(約0.25 カラット)。サファイア・ケースバック(透明裏蓋)。三つ折りバックルに28個(約0.17カラット)のダイヤモンド。3気圧防水。世界限定28本。499万円(税別)。



ブレゲは、この新しいクイーン・オブ・ネイプルズのフェイスに対して、あえて控えめな気品を選んだ。ハートを象った分針は、透明感を演出した繊細なホワイトラッカー仕上げのダイヤル上を移動していく。針の先端には赤いハートのモチーフがごく小さくデザインされ、これが5分おきに微小なハートのインデックスで区切られたアワーチャプターに沿って分を表示する。読み取りやすさというブレゲが大切にする機能のために、15分ごとの4つの数字は、大きさと輪郭をそれぞれ変え、レッドのラッカーで縁取りが施されている。また、ダイヤル中央の窓で示される時刻の数字にはパープルのラッカーが用いられた。ダイヤルのフランジとベゼルには128個のダイヤモンドがセットされ、同じくゴールド製のフォールディングバックルもケースの輝きに呼応するようにダイヤモンドで装飾され、その総量は約0.94カラットに及ぶ。


メゾン・ブレゲ最新の発明は、2本の独立したアームから成る分針だ。この分針は、巧妙な歯車によって交錯することができ、12時位置では長く伸び、6時位置ではより丸いハートを形づくる。この機構にはクイーン・オブ・ネイプルズの特徴的なフォルムを成すカーブをなぞったオーバル型のカムが備わり、 本のアームは異なる速度で移動する。クイーン・オブ・ネイプルズのために特別に開発されたこの革新的な機構は、4件の特許で保護されている。複雑機構の歯車は、ムーブメントの他の部品と同じく、外から見える見えないにかかわらず、ブレゲの伝統に則りすべて手作業の仕上げが施される。ローズゴールドのケースは、サファイアクリスタルのケースバックになっており、キャリバー78A0の動きを見ることができる。

【関連記事】:最も適切の腕時計