記事一覧

新作:グローブマスターアニュアルカレンダー

「グローブマスター」は、2015年にバーゼルの展示会で発表されたオメガの人気タイムピースの一つです。今年も話題のマスター クロノメーターが最新作となって再び登場し、人々の関心を引くことになるでしょう。 「グローブマスター アニュアルカレンダー」の進化した点はまず、新たなケースサイズにあります。直径が39mmから41mmに大きくなりました。 もともと美しく、有名なデザインであった”パイパン”ダイアルで施された多面カットは、新モデルの機能的な部分となっており、今回はアニュアルカレンダーの月表示という機能を果たしています。この月表示欄はブルーのインデックスの間に上品に配置され、ニスを施したブルーの針が月表示欄を指し示します。


ポリッシュ仕上げの時針と分針の色はブルーで、多面カットが施されています。インデックスと同様にスーパールミノヴァ素材でコーティングされています。明るさが変わったときにダイアル全体から生まれる色合いは実に魅力的です。 他にダイアル上でブルーが使われている部分には、ポリッシュ仕上げの中央秒針、オメガのロゴ、そして「コンステレーション」の星と文字があります。この色のテーマを統一するため、ステンレススティール製のフォールドオーバークラスプを備えたブルーのレザーストラップが付属しています。 ケース自体は、昨年成功を収めた製品と同様にステンレススティール製となっており、ポリッシュ仕上げのフルーテッドベゼルはタングステン製で、傷防止コーティングが施されています。

「グローブマスター」を特別なものにしたものは、世界初のマスター クロノメーターという位置付けでした。このシリーズでも画期的な強みとして引き継がれます。今回、このタイムピースには最新の「コーアクシャル クロノグラフ キャリバー8922」が搭載されていますが、このタイムピースに添付されるマスター クロノメーター認定証は、この腕時計がスイス連邦計量・認定局(METAS)が定める8種類の厳しいテストに合格したことを証明するものです。

【関連記事】:人気のエディターズバッグを始めニコール愛用のサングラス等

“引き算の美学”が冴え渡る、ティファニー『 ハロウィンカーニバル単品ティファニー 1837 メイカーズ ウォッチ』|気品溢れる、知性派ゴールドウォッチ

雑誌『Precious』9月号では特集「『知性』と『品格』を宿す、新作ラグジュアリーウォッチ図鑑」を展開中です。続々と上陸した珠玉のニューモデルから、Precious目線で目線で目線で厳選したとっておきのタイムピースを一挙にお届けします!

特集のなかから、本記事ではティファニーの『ティファニー 1837 メイカーズ ウォッチ』をご紹介します。

成熟した女性の手元にふさわしい気品溢れる知性派ゴールドウォッチ|ティファニー『ティファニー 1837 メイカーズ ウォッチ』
オードリー・ヘプバーンがスクリーンのなかで、「私、もう、『ティファニー』に夢中なの」とつぶやいたように、無条件に女心を惹きつける強い引力をもつ「ティファニー」。スーパーコピーブランド1837年創業以来、ウォッチメイキングにおいても確かな伝統を継承してきました。

初めて時計の販売を手掛けたのは、創業からわずか10年後の1847年。1874年には、当時から世界の時計産業の聖地であった、スイス・ジュネーブに自社工場を開設し、本格的に時計製造を開始しました。

新作の『ティファニー 1837 メイカーズ ウォッチ』は、長い時計製造の歴史と、ジュエラーのエレガンスが溶け込んだようなタイムピース。ブランド時計 コピー既存モデルより小顔になった16mmのスクエアフォルムは、大ぶりサイズが主流の昨今、かえって新鮮に映り、エレガンスを呼び覚まします。


『ティファニー 1837 メイカーズ ウォッチ』¥3,135,000 ●ケース:RG×ダイヤモンド ●ケースサイズ:縦16×横16mm ●ブレスレット:RG ●クオーツ(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)
「ティファニー」が誇るクラフツマンシップのレガシーと、アメリカのものづくりの伝統に対するオマージュとして誕生したコレクション。

16mmと小ぶりになったケースに、4粒のバゲットカットダイヤモンドインデックスと時分針のみという、まさに「引き算の美学」が冴え渡る。


【おすすめの関連記事】:http://tomiyuki.top